美容整形ローンを組んだために少しでもお給料の良い就職先。

わたしは現在塾の講師をしています。

私は半年前に美容整形をしていて、その時に組んだローンの支払いがまだまだ残っているので、そのローンを少しでも早く完済するためにお給料が少しでもいいところを思って探していたら学生時代に通っていた塾が正社員を募集していたため、顔なじみであったたため応募しました。

本当はローンなんて返済が大変なので組みたくはなかったのですが、思った以上に美容整形費用が掛かってしまったのでローンを組まざるを得なかったんです。※美容整形ローンの利用は低金利のカードローンがお勧め

また子どもと接すること自体も嫌いではなかったため気軽な気持ちでいました。

はじめは集団で授業をすることは慣れるまではかなり大変です。なやみの多くはそのことに関してでしょう。「決められた時間内に決められた内容をしなくては」とか「もし間違ったことをおしえたらどうしよう」「生徒に聞かれてわからなかったらどうしよう」といういろいろな心配事が頭の中によぎります。しかし、肩の力を抜き、知らないことは知らないといえる勇気があれば意外と何とかなるものです。

それよりも、勉強がわからない子がどんどんやめていくことを食い止めることのほうがうんと大変です。そのためには授業の質もさることながら、保護者との密な連絡は欠かせません。成績が上がってこないのは、ある程度生徒の資質もあるため、はっきりいてこれといった解決方法はありません。

クラブであるとか、生活態度であるとか、とにかく勉強とは関係のないところに原因があることが多いです。それを見つけて解決していくには、かなりの長期的なアプローチが必要になってきます。もちろんそれまでは成績は伸びません。ですので、そのことを親とちゃんと連絡をとることで伝える必要があるのです。中には、家庭での話し合いを経て成績が向上した生徒もいました。世の中には塾にさえ行かせていれば成績が伸びる。あるいは、成績が伸びないのは塾のせい。このように考える方が多いです。しかし、実際は本当の原因がわかっていながら、そのことから目をそらすために自分に言い聞かせているだけなのではないでしょうか。そういった部分にまで足を踏み入れることがあるため、塾の講師は決して楽な仕事ではありません。しかし、生徒が成績が伸び、志望校に合格したときのあの笑顔を見ることですべてが報われ、明日へのやる気につながっていくように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>